FC2ブログ
2020年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015年08月02日(日)

ジョンの手術について・・・

レオの事でバタバタとしてますが、
ジョンも爆弾抱えてるみたいなもの・・・
胆嚢が破裂したら助かる確率は少ない・・・
(今、抗生物質を飲んでいるためまだ炎症が少し治まっていていいのかもしれません)

実はそれだけではありません。
今年に入って便の出が悪く、モカの会陰ヘルニアのように気張ることもある。
でもちゃんとした丸い形でただ細い。。。
一応9種のワクチン接種の時先生に診てもらったのですが
会陰ヘルニアより、前立腺が少し大きいかな。。。ぐらいでした。
前立腺肥大は前から言われていて心配してました。

今回超音波検査したら触った時よりもっと大きい。。。
便が細いのはそのせい。。。
そして、1日に何回もしたり出し渋りがあったり・・・
腸炎もあるためひどくなってきていたそう。。。


先生が言うにはジョンの腸炎は生まれつきのものかもしれないと・・・

新しい病院で見て下さった先生も同じことを・・・

今の主治医の先生は1年半ほど前に変わったばかりでジョンの事をあまり言ってませんでした。
(モカの会陰ヘルニアがきっかけで病院を変わったので)

生まれつきならお腹の調子をよく壊していたんじゃないかと・・・
思い起こせば下痢やおう吐しやすい子で一番病院に通ってます。
膀胱炎もよくなりました。
そのたびに尿の検査位はしますが
抗生剤の注射などして後はお薬・・・
良くなると何か月もなんともないので

その繰り返し。。。

食べ物も気を付けなければならない子でした。

とりあえず先生は胆嚢の手術がすんだら後は食べ物や薬で腸を治しましょう・・・と。
(生まれつきの腸の病気かどうか組織を取って検査しないとはっきり分からないそうですが
炎症を起こしてる組織を傷つけることは危険なのでしません。。。食事療法で行きます・・・と先生より)

そして、前立腺肥大ですが・・・胆嚢の手術と一緒に去勢もします。

去勢することにより、前立腺肥大は治ります。。。

たくさんの事が重なってますが先生の腕を信じます!

手術の説明の中で
開腹手術でも、腹腔鏡手術でも手術中に亡くなることもある。。。
そう言われると私は「どうしよう。。。やっぱりこのままでいようか。。。」と口走り
抱っこしているジョンをギュッと抱きしめてました。。。

モカの会陰ヘルニアの手術の時は苦しそうでこのままではどうにもならない・・・
手術する以外手はない・・・そう、思いましたが・・・

ジョンも体の中ではもう限界…痛い時もあるそう・・・
なのに抗生物質だけでとても元気になってる・・・
手術する気持ちも揺らいでしまう・・・弱いお母さんです。。。

お父さんが一緒にいたので先生に詳しく聞いてくれて、
開腹手術より腹腔鏡手術の方が細くて傷をつけてはいけない血管を拡大して
見ながら傷をつけないように手術ができるそうです。
どちらの手術にしてもとても難しい手術だそうです。
「今まで胆嚢の腹腔鏡手術を四十何例かしてきましたが一度も亡くなった子はいない」と先生に言われ、
主治医の先生も同じダックスの子で同じ胆のう摘出手術したけど生きて帰ってきている
そう言われているので、この病院の先生に託します。

IMG_3682 (395x400)

今、本当に胆嚢が悪いの?

そう思えるほどの元気さ。。。

IMG_3688 (400x300)

ぬいぐるみを持ってきて遊ぼう。。。と。

IMG_3689 (400x364)

わんこにもいろんな性格がありますが、
ジョンは本当に優しい子・・・

IMG_3706 (400x300)

IMG_3964 (400x223)


今日、レオの病院に行ってきました。

また、明日覚えに書いておこうかな。。。

コメントのお返しはできそうにないので閉じます。


ランキング参加してます。
よろしくお願いします。



こちらも参加してみました!
よろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

21:43  |  ジョン  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shifon7.blog.fc2.com/tb.php/507-a8102c19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |